シュリ日和

まいにちに生きる

ひなまつり



今日は3月3日 雛祭り

女の子の健やかなる成長を祈る祝いの節句だ。



**



わたしの生家には、立派な7段飾りのお雛様があった。姉が誕生したときに家にきたもので、わたしはもちろんおまけとして、そのお雛様を眺めて育った。


うちの母親という人は、いろいろと矛盾の多い人で、お雛様は姉のもの。成人式の着物も、姉には高級呉服屋で仕立てて作り、わたしには同じものを着せた。

それでいて、努力家で頭の良かった姉に、できの悪い弟と妹が学費のかからない都立高校に落ちるかもしれないことを視野に、大学進学を諦めさせたりした。


とにかく母の子育ては、姉中心にまわっていて、兄とわたしはおまけ感が強く、母の道理の通らない子育てにわたしたちは黙って従っていたような感じだった。

不思議だったのは、じゃあ姉を殊更可愛がって、わたしたちを邪険にしてたか?というと、そういう訳でもなく、単に、姉が第一子だったことで、そこが基準になっただけなようにも思えた。

基本、うちの親は子どもたちへの愛情は平等に薄かったように思う。

そう、平等に薄かった。笑

そして、わたしたち兄妹は、みんな少しずつ腑に落ちない想いを抱えて育っていったのだと思う。

両親が教師をしていた家庭で育った母は、おばあちゃんがお母さん代わりだったと言っていることから、恐らくお手本となる母親像というものがよくわからなかったのかもしれない。しかも、父も子育てにはノータッチで(父は更に複雑な家庭で育っている)相談できる相手がいなかったことも、子育てに矛盾を生む理由になったと思う。


哀しいかな、わたしは、期待されない代わりに自由があったことが救いではあったが、その自由を尊重してもらっていることを実感できるほどの愛情は親からはいつも感じられず育った。

つまり、自由はただそこにあったというだけで、まだ何も分からない子どものわたしにとって、余りある自由は、漠然とした不安とセットになっていた。矛盾だらけの自己完結癖がついてしまったことの背景には、こういった事情がある。



今日は雛祭りだ。



昨年は、スナックの一日店長をやっていた。スナックのママに憧れがあり、やらせてくれる場があり、実現した。

大人のお遊び。来店してくれた人たちに、自分で選んだお酒や手作りのつまみや惣菜などを振る舞い『おいしい!』と言ってもらって喜んだ。本当なら、定期的に続けてやりたかったものの、世界的な状況により、一夜にして泡と消えた。消えたからこそ思い出深い。



今年のわたしは、世界中の女の子の誕生と成長を心から祝いたいと思っている。

いま、自分のことを決して幸せとは思えない状況に身を置いている女の子も大勢いると思う。何らかの傷をもったまま大人になった女の子も沢山いると思う。

わたしの傷なんてちっぽけなものかもしれないけれど、本当は、自分のためにお雛様を与えて欲しかった気持ちや、自分の好きな着物を選ばせてもらいたかった気持ち。

そんな健気な気持ちを隠して大人になった小さな女の子だった頃の自分のためにも、愛情たっぷりの手料理を作り、全女子のしあわせな笑顔を思い浮かべながらお祝いの宴を開催したい。


いつの日か、生まれてきたことをみんなで笑って祝い合える日を夢見ながら、乾杯をしようと思う。




f:id:like_nanohana:20210303132835j:plain


お内裏様とお雛様


人生


店長の影響で、''俺の家の話''にハマり出している。


テレビ視聴アプリで毎週のテレビ放映日である金曜日の翌日以降、翌週の放映直前まで視聴できる。

自分にとって有益なものだけピックアップできることは、マジでありがたい。このアプリ作ってくれた人たちありがとう!

しかも、6話の内容がわたし的にタイムリーでほろっとくる。


『ありがとう』が素直に言えない、伝えたい相手に伝えられない経験は、多くの人にあるのではないだろうか?


家族のように距離が近い相手ほど、ほんとうは素直になりたいのに、なれない気持ちを隠すように、裏腹な態度や言葉で傷つけてしまうようなこと。

ほんとうは、そんなこと言いたかったわけじゃないのに、口をついて出た言葉は、優しさからはほど遠い、拗ねた心の反映そのものだったりする。

わたしもかつてそうだったから、尚よくわかる。


わたしがまだ素直に人に『ありがとう』を伝えられなかった時、どうして言えないのかを、自分で自覚はできていた。人からも指摘してもらえたし、気づけてはいた。

それでも、無理だって、絶対言えない、言いたくないと、なかなか変わることができなかった。そして、その変われなかった間は、とても苦しくて、行き場のない思いが自分の胸をいつも突き刺した。押し込めた感情は、時に刃になったり、津波になったりして、自らを痛めつけ、痛めつけられた自分の怒りの矛先は優しい人に向けられたりした。


バックグラウンドは複雑だ。

幼少期の親との関係は大きいと思うが、問題はもっとずっと奥にまで遡り、本質を理解しないと、安易に誰かのせいにしてしまいかねない。そしてそれでは問題は根本的には解決しない。


わたしがどうやってこの問題を乗り越えていったかと言うと、まず、自分がどんな自分になりたいか?を決めることから始めた。


わたしは素直にありがとうが言えるようになりたい!


この心の声を大事にするため、意志力というものを鍛えた。

ありがとうを言うチャンスの場面で、照れや、恥ずかしさや、慣れ親しんだひねくれ反応が湧いてきた時に、自分で決めたあの意志を思い出した。

そして、わたしはいま、ありがとうを言いたい!ありがとうを言いたい!と、本心では望んでいることを確認し、ほんとーに、ちょっとずつ小出しでも、言うように心がけた。


千里の道も一歩からだ。


その一歩を勇気を振り絞って踏み出さない限り、道は切り拓けない。自分の望みを叶えられない。この一歩が自分を変える。しかも、それは自分の足で踏み出した一歩だから、確かな自信につながる。

一歩、二歩、三歩と歩みを進めるうちに、最初の一歩より、だんだんと軽く次の一歩が踏み出せるようになった。そして、いつの間にか、自然に気持ちを表現できるようになっていた。


まあ、この話はあくまでも『ありがとう』だけの話。

わたしはまだ他に、素直に言いたいのに言えない気持ちというものを沢山胸に抱え込んでいる。成功例に習って、少しずつでも変わっていきたい。


わたしはどんな気持ちも素直に表現できる(言える)ようになりたい!


素直になること。

これだけで世界を変えるパワーがある。

シンプルだが手強い。

だけど、なりたい自分になること(在りたい自分であること)を諦めずに行動しつづければ、きっと成せると信じたい。

一度掴んだ成功体験は、どんなに小さくとも、心と身体に刻まれてるはずだから。


正直言って、できるかできないかは、時間が経たなければわからない。

大事なことは、こうなりたい!こう在りたい!と思い続けることだと思う。こうなりたい!こう在りたい!と思う自分がいることが、明日も生きていくことへの希望となる。


為しがたいことに挑み続けることが、人生だと思う。





f:id:like_nanohana:20210228201709j:plain


早咲き


純然たる







あの時あなたが

わたしのなかにずっといた

ほんとうのわたしを

みつけてくれたから

わたしは心底安心して

無邪気にいろんなことを

話したけれど











あなたがわたしを見つめる

眼差しは

なぜだかとてもさみしそうで

その理由が

わたしにはわからなかった











いまもわからないまま











あの日のあなたを

わたしは永遠に独り占め

できるから

どんなに小さく

ささやかな望みでも

それは容易く

口にすることは

できなかったよ











欲張りな自分と

折り合いをつけて

泣きそうなときも気丈に











いつでも

あなたへの想いが

わたしを導いたから

わたしはあなたへの想いに

恥じない生きかたをしようと

心に決めた











あなたへの想いの前でだけは

真白く美しく

咲いていられますように











あなたのしあわせを

誰よりも純粋に願える

自分でいられますように











あなただけが知っている

わたしを守り抜けますように











そして











この想いの前に

いつでも潔く散れることを

祈りながら











それでも











あなたと共に生きる道を

選べるわたしでありますように











f:id:like_nanohana:20210227182044j:plain


日差しをうけて




























冴えてる

わたしの好きな長谷川潤ちゃんが再婚したとのこと。おめでとう!ますますお幸せにね。

彼女のファンと言えるほどの知識もなければ、友だちでもなんでもないけど、好きな人のしあわせは、いつでも祝いたい。


今朝は朝から頭が冴えており、またも調子よくペラペラと話を展開。わたしの自分勝手な話に耳を傾けてくれる人がいることの有難みが身に染みる。

おそらくこの冴え具合の理由は、満月前夜だからだと思う。

そして、更には身体の神秘を体験している。自然との関わりが深まっている時、心も身体もそれに呼応するかのように、弾み巡る。


珈琲屋の仕事を終え、珈琲屋に出向く。

最寄りの駅に着き、お店へと向かう途中、ボルダリングの施設の前を通る。

かつて、尊敬する師であるAさんと一緒に行った思い出が蘇る。

学生時代テニス部だったAさんをときめかせるために、テニス部のマネージャーの真似(想像)をして、『Aくん頑張って♡』と、黄色い声援を送った。

ごっこ遊びだったけど、Aさんは嬉しかったようで、難しいコースの一番上まで登り切ったので、ご褒美でさらに『Aくんすごーい!』と大袈裟に褒め讃えながら、パチパチ拍手をした。


その日のAさんからは、普段の料理長という立場や肩書きなど完全に忘れ去った、ただのやんちゃな末っ子男子の素直さが垣間見えてとても可愛かった(カッコよかった)思いがけず得した気分を味わう。

わたしはわたしで、マラソンの選手だった祖母と父の血を引いたのか、運動神経の良さだけには自信があったため、ボルダリング初心者の女子にしては、ほんとは割りと余裕で登れたのだが『できな〜い』なーんて、柄にもなくあざとさを駆使し、手取り足取りレクチャーしてもらい、キャッキャとはしゃいだ。きっと、こんなチャンス二度とないぞ!と、わかっていたからだと思う(実際はあったがw)

こういうのをWinWinというのであろう。


楽しかった思い出は、いつ思い出しても楽しいのだ。


そう言えば先日、店で世間話をしていて気づいたことがある。

男が酔っ払うと『それ何百回話してんの?』『それしか思い出ないのかよ?!』って、呆れながらツッコミたくなるような、学生時代の武勇伝を語ることがよくあると思うのだが、あれって、本当に楽しかったからなんだよな、、ってこと。

大人になり、学生時代の楽しさを超える楽しさに出会えないで生きてきたのであれば、その時の楽しさを何度も思い出したくて話すことも、まぁ頷ける。

そうなると話も変わってくるわけで、女側のツッコミ心には、''少々愛が足りないな、''などと思ったりした。


風の時代とやらが、どんな時代になるのか、まだ全貌はわからないままだが、もしも生きることの自由度が増すのなら、何度だって思い出したくなるような、本当に楽しい思い出をできることならこれから新たにつくりたい。

人生負け続きと思ってる人とほど、共に気持ちだけでも逆転勝利を味わいたい。

優しかったわたしたちが、疑いもせず、信じきって死ぬ思いで生き抜いてきた仮想現実のなかで、操られたまま、本当に死んでしまう前に、みんなで心を裸にして、童心にかえって遊びたい。

この気持ちは、調子がいい時によく出てくる。よく出てくるということは、現実化できるということだと思っている。


毎日色んな気持ちになる。

どれがほんとの気持ちか、わからなくなることもある。だけど、わからなくなってもいいんだと、自分に優しく声をかければ、穏やかな気持ちに戻れる。



そしてまた、はじめられる。




f:id:like_nanohana:20210226212819j:plain


挫けても負けてもいいよ





タイムリープ


晴れた2月の朝、早春賦を歌いながら出勤する。


前回の投稿が19日。6日も経っている。

この6日間の記憶が薄い。何をしていたか思い出せない。だからと言って無意識だった訳でもない。例えるなら、タイムリープ状態だったのかもしれない。


シュピリチュアルに生きながら、同時に人間をしっかり生きたいと願う自分がいる。

わたしのなかには、天使やアセンデッドマスターのように目には見えない高次元の存在から、松岡修造(というキャラ)のような、熱血バカのような存在までが、幅広く内在している。

どちらかに偏ると、最近では自分センサーが''ピコーン!''と即座に反応するようになった。

まず、バランスの偏りに気づく。そして、中道に戻る。そのあとに、『じゃあどうしたい?』と自分に聞く。


記憶が薄いと言いながら、この6日の間に起きた出来事のなかで自分が感じた感情は思い出せる。それはわたしにとって心地よくないものだった。その心地悪さを感じ尽くす。正直ものすごく苦痛だった。でも、感じ尽くしたい!と自分で決めたから、目的を遂行した。


以前なら、心地悪さを悪者にして、それを感じた自分を責めるようなことを無意識にしたり、苦しみから逃れるために、見ないように深く考えないように、なるべく無関心を装って、時が過ぎ去るのを待ったりした。


そのやり方を続けると、再度同じような感情が起きた時に、同じ次元に連れ戻されてしまう。自分を責めたり、時が過ぎ去るのを我慢して待つという次元。

いつまでも変わらない。進化しない。

同じ場所にい続けているような感じ。それは、その場所が自分の内側に存在することを自分に許していることと同じだ。

それを許してしまうと、感情が優位で、自分が劣位に立つことになる。


それじゃ、ダメだ。

自分が感情より優位に立たねばいかん。


今回、いつもと違う視点でこの心地よくない感情と向き合った結果、わかったことがある。それは、この感情が湧くことは自然なことで、それを無理矢理消し去ることや、無関心でいることは、自分の気持ちを置き去りにするようなものだということ。今まで何度も、置き去りにされる自分を創り出していたことにも気づけた。


『わたしはいま、心地よくない感情を味わっている。それを心地よくないと感じる自分がいる。その感情から逃れる術は無い。ただそのことを知る。』


まずはこれだけで大進歩だ。


だけど、その先がまだある。これはチャレンジ。この心地よくなさを、いかに感情に振り回されずに、外へ出してあげることが出来るか?押し殺すのではなくそのまま表現する。相手が関係する場合、相手に不快感を与えずに、あくまでも、わたしはこう感じました。と、なるべく冷静に(感情は基本熱い)伝えることができたら、大躍進だと思う。


残念ながら、今回ここまでには至れなかった。けれど、堂々めぐりの次元はわたしの中から消すことができた。『よくやった!いいぞ、その調子でいけ!』褒めてくれる修造の声がする。


というわけで、結局わたしは今日も元気だ。




f:id:like_nanohana:20210225131844j:plain


己に打ち勝て!



上手くなりたい


ひとりカラオケには飽きてきたが、歌が上手くなりたい気持ちはなくならない。
どうしてわたしが歌が上手くなりたいと思うようなったかには、3つ理由がある。

ひとつは、歌が好きだということ。

もうひとつは、自分の声を好きになりたいということ。

さらには、歌が上手い人が歌っている時、とても気持ち良さそうで、あの気持ち良さそうな状態を体感してみたいということ。


わたしは昔から自分の声が嫌いだった。
特におとなになってからは、自分の声を聞く機会がある度に、『ホントあたしの声って、こどもみたいな声だなぁ、、』と、わたし好みの大人っぽいセクシーな声の人と比べて、いつもガッカリしていた。
だけど、どんなに好きな声に憧れようと、わたしはこの声とずっと付き合っていくしかないのだ。
…ということは、自分の声を好きにならない限り、永遠に自分にガッカリし続けなければならないではないか。
それはかなり辛い。

解決策は、自分の声を好きになるための訓練を積むことだ。必要なのは、見たくないもの(聞きたくないもの)を直視する勇気と、積み重ねる努力。
実践してきたことは、ひとりカラオケの他に、ボイスレコーダーに音声日記(ひとりごと笑)を録音して聞くこと。始めてからかれこれ、2年弱経つ。

そして、そんな訓練の甲斐あってわたしは、自分の声が大嫌いだった頃と比べて、だいぶ自分の声に慣れた
そして、今では寧ろ気に入り始めている。
すごい進化だ。
ひとつはほぼクリアした。

あとは、歌が上手くなり、気持ち良く歌う状態を味わうことだ。
これにはまだ訓練が足りない。自分が目指す気持ち良く歌う状態は味わえていない。
多分、気が済むまでは続けるのだろう。

そんなことを思っていた最中、優秀なカラオケのアプリを見つけた。
まずこのアプリの良いところは、簡単に高得点が出るところだ。そして、エコーがしっかり効いた、何となく上手いじゃん!?という錯覚を起こさせてくれる自分の歌声を聞き直すことができる。
わたしがカラオケのアプリを考案するなら、このアプリのように、絶対に簡単に高得点が出るようにすると思う。何故なら、歌ってる人がいい気分になればそれでいいと思うから。
現に、カラオケのアプリで、評価が低いもののレビューを見ると、だいたい、得点に対する文句が多い。みんないい気分を味わいたいんだよ、きっと。
わたしが見つけたアプリは、そこんとこをちゃんと熟知していると見える。

いやはや、ものすごくアッサリと、気持ち良く歌う状態を勘違いだとしても味わえてしまった。わりと満足。

あとは、好きな時に、好きな歌を、気ままに歌う自由を楽しみたいと思う。

最後に、歌に関するエピソードひとつ披露したい。
あれは、中3のとき。
最後の合唱コンクールでいい成績をおさめようと、わたしはクラスのみんなに声をかけて、朝練などをするほど気合いを入れていた。クラスメイトの合唱コンクールに対する想いの温度差は恐らく、0度からわたしの100度まで、相当開きがあったことに当時は気づけず、みんながわたしのように熱意があると思い込んでおり『絶対優勝しようね!』と、心をひとつに(思い込みだった)本番を迎えた。
わたしはもちろん全力で歌った。
8クラスの中で優勝を狙うのだ。全力を出し切らずして、なせるわけがない。
歌っている時は夢中で自分たちの声をちゃんと聞き取ることができなかった。ただ、結構うまかったんじゃないかな?と、他のクラスの歌を聞き終わっての自己評価は高かった。しかし!!!結果は3位にも入らず。
腑に落ちなかった。あんなに頑張って歌ったのに…。
そして、合唱コンクールも無事にお開きになった後、他のクラスの仲いい友だちから『A組、ほとんどシュリの声しか聞こえなかったよ笑笑』と、言われ、そこで初めてわたしは、自分とクラスメイトとの温度差を実感したのでありました、とさ。

チャンチャン ♬︎





f:id:like_nanohana:20210219201909j:plain


恥ずかしいけどこれがわたしのコア!


さかなと水と




こうしてる今も

何もかもが変わってくから













気づけなかった

痛みさえも













思い出しては

悲しいほどに愛おしい













夜明け前に

春の海













無心に砂を弄りながら

あなたと話してる













言葉が嘘のように

自然に流れては

波がどこかに

連れてくから













海の前に

ひとり













目に見えない

光だけが

わたしたちを

照らしてる












f:id:like_nanohana:20210218205607j:plain


綺麗って書けてない…