シュリ日和

まいにちに生きる

蕾の供養

 

 

買い物の帰り道のこと。

民家の軒先で一本だけ梅が満開に咲き誇っていた。かわいい鳥が一羽、懸命に蜜を啄んでいる。写真を数枚撮り、ふと目線を下に落とすと、花が開かぬまま落ちてしまった蕾たちが目に入った。「……このまま見過ごすわけにはいかない。」そんな気持ちが湧き起こり、家へと持ち帰った。私はこれからサンドウィッチを作る予定だ。

卵を茹で、キュウリを切る。パン屋さんで買ってきた小さめのイギリスパンにバターを塗る。丁寧に具材を重ねていく。サンドしたパンを大きめの包丁でカットした。お気に入りのお皿に並べ、一緒に楽しむための桜味のミルクドリンクをつくった。私は桜味の飲み物が好きなのだ。サンドウィッチを並べたお皿と桜味のドリンクが入ったカップの横に、先ほど持ち帰った蕾を切子のカットが入ったガラスの文鎮の上に乗せ、サンドウィッチパーティー兼、蕾の供養を始めた。ちょうどその時、YouTubeの自動再生で、聴いてたわけじゃなかったのに、ブルーハーツの''情熱の薔薇''が流れ出して聴き入ることに。情熱の薔薇ってどんな曲だっけ?ブルーハーツの曲のなかではそれほど好きと思っていた曲ではなかったので、新鮮な気持ちで聴いた。

 

なるべく小さなしあわせと

なるべく小さなふしあわせ

なるべくいっぱい集めよう

 

心のずっと奥のほう

 

なんかここが今日の自分に響いて響いて、開けなかった蕾たちを見ながら、サンドウィッチを頬張りながら、いっぱい泣いた。涙が口に入ってしょっぱいのを感じるくらい泣いていた。図らずも蕾の供養らしくなっていた。

 

 

今日は満月だ。昨夜の月の写真を再会したほんとうの友だちが送ってくれた。満月は力強いパワーをくれる時もあるが、今日の月からは、黙って全てを許し包み込んでくれるかのような確かな包容力を受け取った。

私はずっと、愛する人をまた失うかもしれない怖さを少しずつ少しずつ乗り越えてここまで来たのだと思う。心のずっと奥のほうをしっかり見て感じてしまうことはものすごく怖いことで、それができない人があまりにも多い中で、私は遂にそれをやりきった。勇敢な魂だと思う。

爽やかにどこまでも切ない想いを抱きながら、新たな扉を開ける時が来ている。もう逃げることはないだろう。

今日は多くの人生を生きてきた全私(←ぜんわたし)と共に過ごそうと思う。

静かで賑やかで痛みと華やかさとモノクロとカラフルを行ったり来たりしながら、過ごそう。

心のずっと奥のほうを旅しよう。

 

 

蕾と共に生きる

 

 

 

 

 

 

 

Xデー

 

Xデーが近づいている予感がしている。もちろんいい意味のXデー。伝説のごはん部の構想がどんどん打寄せる波のようにやってきている。

伝説のごはん部のマスコットキャラクターに是非ともなって欲しいキャラクターがいる。ある人が書いた落書きのようなそのキャラクターと共に、新たに好敵手のようなキャラクターをこの世に誕生させて欲しいと考えている。

アンパンマンにとってのバイキンマンのような、トムとジェリーの''仲良く喧嘩しな''の世界観的な、そんなケンカ友達のキャラクターたちが、伝説のごはん部の伝説を創り上げていくイメージをはっきりと思い描けている。

老若男女が膝を突合せて、一人5袋くらいずつ持ち寄ったもやしのひげ根をひたすら取る作業をしながら、おしゃべりをしたい人はして、ただ聞いてたい人は聞いているだけでよくて、ひげ根を取ることを純粋に楽しみたい人は楽しむことができる。

そんな緊張することなく日常的に参加できるコミュニケーションの場を作り出せたらな〜…なんて想像している。ひげ根を取り除いてピカピカのもやしを一気にホットプレートかなんかで炒めて、''もやしを食べる会''(だけじゃなく色々とw)を定期的に開催することのできるHOME(基地)が欲しい。全国にいや全世界に伝説のごはん部部員を増やして、HOMEも増やして、みんな自由に行き来できる環境がつくれたら素敵だ。

世界観は小3のアホっぽさ。こんなことやったら面白そう!!だけで動く軽やかさがキーとなる。

私は欲張りなので、伝説のごはん部の部長どまりでいるつもりはない。常にやりたいことをスタートしている状態。ゴールはない。スタートしっ放し。始めたことが続くか否かはすべて風まかせ。

生み出すことが役目な気がしている。アイデアだけはどんどん湧いてくるから、面白いことに人を巻き込んで笑顔を増やしたい。くだらない事やバカバカしいことや無駄なこと、そういったものが世界を変えるキッカケになったらいいな、って思ってる。

''ヘンテコな動きをすると落ち込んでいても元気になる''

という記事を目にした。これはあるだろうなぁ〜。やっぱり体なんだよ。下向いて歩いてたり、膝を抱えて顔を伏せていたら気分も暗くなる。だけどたとえば、突然コマネチ!とか、ダイナマイト四国(カギの使いの遠藤のネタ)のシッコク!シッコク!みたいな動きをしてみることで、周波数が切り替わり、現実の景色も変わり出す。そんなこと恥ずかしくてできるわけない!と今は思ってる人の防御壁をぶっ壊したい。

これらはすべて、私のハイヤーセルフである''スーパーしゅりちゃん''からのメッセージだ。あたいこれやりたいからよろしくね!ってな軽いノリでどんどんアイデアだけ投げてくるから書いとかないと現象化させられないな、と思ってこうして書き留めている。今は伝説のごはん部に集中してメッセージが届いているが、やんちゃなスーパーしゅりちゃんのことだ、これからまた新たなことを言い出しかねないので、振り回されることなくしっかり受け止めながら進もうと思う。

 

眠いからまた!

 

 

 

3種の神器(🍙🥚🍲)

 

 

 

大移動

 

はてなブログの見出しに、最近の「大移動」について教えて!とある。これを見て大移動という言葉が気になった。

大移動…してるなぁ、最近。大陸規模の大移動って感じだ。もちろん体はここにある。だけど、意識は大移動中。大袈裟ではなくこんなに内的に濃厚な日々を過ごすことは生まれて初めての体験だ。

 

私は人間になりつつある。

 

先日突如浮かんだ''伝説のごはん部''という謎のアイディアの構想が、4月を待つ桜の蕾のようにゆっくりと期待を胸に大きく大きく膨らんできている。伝説のごはん部の部長をやりたい。部長の座は譲らない。副部長ならやらせてあげてもいい(おーい!笑)なぜなら、伝説のごはん部は私のやりたいことだからだ。自分のやりたいことを他人に任せるわけにはいかない。それぞれがそれぞれの道の先駆者となるには、道無き道を先頭で開拓するのは、先駆者の役目だからだ。副部長のやりたいこと(世界)の部長には私はなれない。互いのやりたいことを実現するために、互いの世界の副部長として隣でサポートすることが協力プレイとなる。そう、私のやりたいことは一人ではできない。だから必然的に一人ではできないことをやりたい人と繋がり関わりあって生きていくことになる。


いい感じ♩

 

昨日ある気づきがどわぁーっと起きて、それはとてもとても大切なことで、当たり前にやっていた事なのに、当たり前すぎたがために、言葉で理解や説明が全くできないでいたことを、やっと自分が理解した。自分がやっていたことが何の意味を持っていたのかを理解できたのだ。外側の世界でそれを説明しているところは沢山あって、もちろん私も散々見聞きしてきたことなのに、腑に落とせなかったのは、自分はそれの真髄を頭で理解することなく先にいやというほど身体でやってきていたからだった。多分普通は順序が逆なんだと思う。理解からの体感。それが私のなかでは、体感からの理解が起きたということ。

だから私はこんなにも健康で心が安定していたのだということがわかった。わかってしまった。

(よし、部長らしくなってきたぞ。)

 

最近観たサドグルの動画がよかった。

**

必要な知識を与えず「ただやりなさい」だけではやらない。

真の認識と理解。

神と呼ぶものは生命のポジティブな形態↔あなたを支え豊かにするものは神

悪魔と呼ぶものは生命のネガティブな形態↔あなたにネガティブな影響を与えるものは悪魔

**

真理はいつだってシンプルだった。

 

更新してから時間経っちゃったから、エネルギーが一回止まってしまった。同じ波はもう来ない。このことからも、常に''今しかない''ということがよくわかる。

 

また新しい波が来るのを楽しみにして、おやすみなさい。

 

 

 

瀬織津姫と早春

 

 

 

 

 

昼下がり

 


"人生とは一通のラブレターのようなもの''

 

あなたの人生感とは?と問われたら、私はきっとこう答えるだろう。

ラブレターのように最愛の人へと想いを綴る行為は、自分を愛し慈しむことを日常のなかで学び、見出して紡いでゆく人生と同じだ。

瞬間に込めることと、長い時間のなかに込めてゆくこと。どんなに醜い気持ちがそこに含まれていようと、そのすべては美しい。

 

前に、葬送のフリーレンというTVアニメのエンディングの『Anytime Anywhere』という曲を、友人から「この曲はシュリちゃんの好きな人への想いのようだなって、、」そんな言葉と共に聴かせてもらった。

とてもいい曲で、私はその曲をすごく好きだと思った。好きな人へのラブレターのようだし、自分自身へのラブレターのようにもとれる。しばらく忘れてたんだけど、さっき思い出してその曲を聴きながら一緒に歌ってみたら、涙が出てきた。ハートから愛が溢れてくる。この涙はほんとうだ。

私はこの涙をずっと信じてきた。

 

先日天国へ還った、ある人(前回の記事参照)の息子さんからのメッセージを読んだ。それはまちがいなくその人本人の言葉だと感じられた。

『みんな!人は元々明るいんだよ!明るいの!暗いのはその時だけたまたま。魂の芯はみんな明るい。俺は自分の陽キャ、明るさが大好きですよ。俺は俺が好きです。

みんなも自分のほんとの部分を思い出して欲しいです。地上でいう陽キャとか陰キャじゃなくて、魂として明るいからそれを思い出して欲しいです!』

もうこの言葉が、…いや、ほんとそれな。でしかなかった。死んで間もない人から元気をもらってる。カオスと言えばカオスだけど、私はこの事実をすんなり受け入れることができている。寧ろ安心感さえ憶えるような感じがする。

ありがとう、天国の北斗くん。ありがとう、北斗くんのお母ちゃん。子に先立たれるという筆舌に尽くし難い思いの今、メッセージを発信してくれて。

魂はみんな明るい。じゃあなんで暗いフリしてんだろ?しなきゃいけないような空気があるんだろ?時々ほんとに分からなくなる。自分がおかしいのかって、孤独になる。

私も元来陽キャだった。

なのに、保育園の頃(4~5歳)から、いやきっともっと前から、それを否定されるような、自分そのものを受け入れてはもらえないような環境に身をおかされていたがゆえに、空気を読んでおとなしい振りをした。小学校に入ってからも陽キャを出したい自分と、隠さなきゃと思う自分とのせめぎあいでトンチンカンな行動をしたし、ギャングエイジなんて言われてる小学校中学年の頃だけは、学校の中では自分全開でやりたいようにやった。その頃は何故か、親も先生も周りの人も完全無視で、自分街道を突っ走った。結果、最高に毎日が楽しかった。けどその反動で小学校高学年は地獄だったけど、、。

その後の人生を辿っても、大半は空気を読んで過ごした時間が長く、心から楽しかった!と思える年月は数年しかない。楽しかった時は、あまり周りからの影響を受けてなかったように思う。自分が自分のやりたいように、好き勝手にやってた時は楽しかった。たった数年のことだけど、それができてた時はどうしてできたのかはわからない。わからないけどできてた時がある。それが救いであり、希望だ。

環境は与える影響が大きいと思うけど、それだけじゃない。よく思い返してみると、約10年周期でタイミングが来てる。10歳、19歳、29歳、38歳(からは断続的に続いてる、、)この辺りが楽しかった。色々ありながらも楽しいことが多かった。

最近はひとりでもしあわせを感じられることがとても増えたのだけど、楽しいかって聞かれたら、あまり楽しめてはいない。それは、人と関わっていないから。ここにしたためているような思いを共有できる関係の人が周りにいないから。

 

あなたに笑って欲しいのは、私が私に笑っていて欲しいからだ。だけど、どんなに楽しい時でも、自分で自分の笑ってる瞬間を見ることはできないから、一緒にいるあなたの笑顔を見たいのだ。そして、ほっとしたいんだよ。だから人はしあわせでいなきゃいけない。私のほんとうの笑顔を引き出せるのは、あなたのほんとうの笑顔だけで、あなたのほんとうの笑顔を引き出せるのは、私のほんとうの笑顔だけだから。自然体であればそれは当たり前に起こる。自然体であれば。


最近はこうしてすぐ心の声との対話?を綴ってしまう。ひとりの時間が育むものは大きい。

 

この記事の終わらせ方がわからない。

いま公園にいるのだが、突然誰かがサックスを吹き始めた。いい音だ。なんて曲だろう?サックスの音色って、外国の夜の街を想起させる。

 

優しいなぁ〜…

 

人である私もこんな優しい音を奏でることができるだろうか。

 

 

 

紅梅と青空

 

 

 

 

 

 

梅と弔い

 

昨日はお祝いをした。

私の人生初のLoveWorkの納品と、報酬を受けとった記念に。

ハイライフという、魂が一番輝いて生きた時代の私(同じ魂の人)は、''…自分には何もできない''と、愛そのものとして存在しているだけで、本当にただそれだけでよかったそんな自分の価値を信じきることができずに無念で亡くなったという。そんな哀しい想いが、ようやく今生において昇華されたのだ。お祝いしない訳にはいかない。

LoveWork、それ自体やらなくたってほんとはいいのだ。私は生きてるだけで価値があるから。生きてることがLoveWorkそのものだから。

だけど私はやりたかった。自分に当たり前のようにできることで人から喜ばれることは、とても嬉しいことだから。そんな経験ができることは今を生きてるからこそだから。有難いことだから。

特定の何かになりたいとは思わない。その時々で、好きなように好きなことをして、人と関わり合って生きていたい。

私は、何でも屋でありたい。

お祝いのケーキがとてもよくできて、誕生日ケーキ職人をやろうかと本気で思ってる。誰かがこの世に生まれた日を祝う記念のケーキを心を尽くして作りたい。ひと口食べた時に、''生まれてきてくれてありがとう''って誰かに言われた気がするような、そんなケーキが作りたい。

私には夢がある。今生叶えなければならない夢が。その気持ちが最近やっとフラットに力が抜けた状態で当たり前に叶うと思えるようになってきた。

以前は焦ったり、力んだり、馬鹿にされたり、うまくいってないと思わせるような揺さぶりをかけてこられたり、他人を使ってダメージを与えられたり、、夢なんか叶うわけないと、色んな方向から妨害をされてきた。

それら犯人はぜんぶ、頭の中のニセモノの自分だった。

 

今日、ある人の息子さんが天国にいった。その人とは面識はない。面識はないけど、面識のある他人より余程身近に感じる存在の人。その人のおかげで、これまで何度も過去生で刻まれた深い傷が癒されてきた。だから勝手に感謝している。その人は肉体が亡くなる前の息子さんの魂と沢山話をして、息子さんから『俺は何も心配してないよ。奥さんも子どもたちのことも天国で見守っていくから大丈夫』だって聞かされながら、その人自身も、亡くなっても大丈夫って頭ではわかっていながらも、人間を生きている自分は鬱になって動けないという状態をリアルタイムで発信してくれていた。

それでも生きていて欲しい。その想いは人間である以上無くせない。無くせないよ。

リアルのなかにしかないもの、リアル以外ぜんぶ偽物。

リアルを直視する恐さから逃げて、幻想のなかで怒ったり喜んだり悲しんだり…そんな風に死ぬまで生きていたくない。だったら今すぐ死ねばいい。それでも、肉体は簡単に死ねないんだから、生きるしかない。死ぬほど苦しい気持ちと共にリアルを体感して生きるしかない。

こんなこと、フラットに言ってる私は孤独だ。周りを見回しても仲間がいない。傷だらけになる勇気はいつから私のなかにあるのだろう。傷ついても大丈夫だと、いつからそんなに強く思えるようになったのだろう。

 

昨日今日は、お祝いと共に弔いの日だ。生と死は裏表のようなもの。

一昨日、麻布の裏道を歩いていたら、早咲きの梅が咲いていた。石垣に登って写真を撮ったらそこは墓地だった。

供養の写真を撮っていたのだろうか。

梅を撮った私の心は明るかったはずなのに、その写真をじっと見ていると、なんだか淋しさが漂ってくる。それでもずっと見続けていると、蕾が開き始めたばかりの梅の花に、希望の芽吹きを感じる。

それが花の力だ。

生命力だ。

弔いの写真が彼女の痛みを和らげ、希望を向く力になれたらと、すこしだけ願いながら写真を眺めている。

 



人は哀しい生き物だ

 

 

 

 

 

記憶の清算

 

昔のこと。

私は飛べる!って信じながら空を飛んでいて、ちゃんと飛べているのに、心のどこかで飛べることを信じきれていないから、強く強く、飛べる!って念じつづけるのに、結局落ちてしまい、ジェットコースターが急降下する時のような、あの心臓が浮く感覚と共にハッとして目覚める夢をよく見た。

高校生くらいの頃、実家の部屋ではよく金縛りにあって、自分の首を自分で締めてたことが何度もあった。怖い夢を見て、夢のなかで声を出したいのに声が出せなくて、目が覚める時に『あっ!!!』って言うのも、本当によくあった。

今はそんな怖い夢、まったくと言っていいほど見なくなったけど、今思うとあれは起きてる間に無自覚で受けたストレスの解消のために起こっていたのかもしれない。

 

最近性的搾取の問題に意識がいっていたからか、女の子だった自分の記憶が完全には清算されていないことに気づいた。まだある。ちゃんと見れていない。とても怖い気持ちになって、自分のものか人のものかの区別がつかない。漫画にひどく感情移入して、現実に戻れなくなっている。

 

また私は愛そうとしていた。また私は救おうとしていた。本当に救われるべき記憶のなかの小さな自分を置き去りにして、外側の世界で強く立ち振る舞わなければと、大人になった自分だけで先に進もうとしていた。

 

***

 

 

最初から愛される覚悟がなかったのは

私の方だ

 

今まで私は一体どうやってあの小さな私を守ってきたんだろう

 

何もかも嘘の世界で

どうしたら人間になれたの?

 

もしもあの時ふたりで

この世界から逃げることができていたら

どんな今にいたんだろうね

 

遠回りしてるようで必要な時間

また、『私のことだけ抱きしめて欲しい』って思ってもいいんだよって、私が私に言ってあげられるようになるまでに必要だった時間

 

死ぬまで消えないかも知れない深い傷がどうか癒えるようにと祈りながら

 

 

***

 

強い自分が弱い自分を隠してしまう。

あと一歩前へ進む勇気が必要。

まるごと全部の自分としてじゃなきゃダメ。

 

 

今度こそ

生まれ変わるんだよ。

 

 

 

 

3月の夜の匂いがした